リチウムイオン電池とは
 先日、韓国がリチウムイオン電池を使用する電気機器は韓国政府の認証が必要だとの政策が発表され、日本が大いに反発しています。 
 リチウムイオン電池の世界シェアーの大半を日本企業が占めており、韓国が国内メーカーの保護を目的とした政策であることは明らかです。 (中国も似たような政策を出して世界中から猛反発を食らって、多少方針を撤回したようですが・・・)

政治の事はこの辺で終えて、最近発売された電気自動車に搭載されている電池がリチウムイオンで電池です。 パソコン用の電池と違って乾電池の様な巻取り型ではなく、ラミネート(積層)型です。

 ラミネート型は1つの電池の面積が少ないので数多くの電池を厚さ方向に重ねて面積を稼ぎます。 電極端子が多くなるのが欠点ですが、大電流を充放電する必要がある自動車用電池にとってラミネート型は2つの利点があります。

 1つ目は放熱性が良いと言う点です。 電池は充放電の際には必ず発熱します。 乾電池の様な巻取り型では熱が内部にこもってしまい危険です。 その点ラミネート型は放熱性に優れているを言われております。
 2つ目に、充放電性が良いという点です。1つの電池の面積が少ない為に充放電時間が短いと言われています。

 弊社ではラミネート型のリチウムイオン電池用炭素極として使用可能な炭化紙の開発を三重大学の協力のもと行っております。